nagomi*zu工務店(笑)

ギャラリーがいつまでたってもスッキリせず、もんもんとしていた。

元来、片付けできない体質な上、
・B品がたまって来たものをしまう場所、
・注文品を避けて置く場所、
・はたまた粘土をしまう場所、
・出張陶芸教室で道具を持ち出したり、戻ってきたり、
・イベントで作品やら什器を持ち出したり、戻ってきたり…(笑)

今までごまかしごまかしして来たけど、戻って来たものをどこに戻すのか、とか、そもそもしまう場所が決まってないから悪いんだって事で(爆)
この狭い限られたスペースでうまく収納出来るように、棚を作る事にした。

設計・施工はnagomi*zu工務店へ発注です。
早い話がひとり芝居です(笑)

f0370414_00451930.jpg
すでに持っているサイズばらばらの箱を、うまく収納しようと悩み抜いて描いた設計図。

f0370414_00451963.jpg
父が隠し持っていた文明の利器、スライドノコ(ブレーキ付)を駆使し、木材をじゃんじゃんカットしまくる。
こんな便利なのあるなら早く出してくれ…(-_-)
そして、なぜか翌日 筋肉痛に…。

複雑化し過ぎた棚受けを組む時点で、設計図通りにはビスが打てない事に気づく(爆)
あらたに木材をカットして、組み方を再考。
この時点で、設計図どおりに箱が収納できない事に…(やけくそ)

f0370414_00451980.jpg
仮組みでは、にこ秘書の厳しいチェック(ジャマ)が入る。

f0370414_00452004.jpg
力尽きて、ふと我に帰ると、もう後戻り出来ない状態に…(°_°)

そして今日の夕方から、夏休み恒例「姪っ子預かりミッション」が始まります…(=゚ω゚)ノ

これはもう、姪っ子をだまして手伝ってもらうしかないな…(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
instagram にて、器を紹介しています(*^^*)



[PR]
by nagomi-zu | 2016-08-06 09:06 | nagomi*zu工務店 | Comments(0)

北海道の田舎町でアンティーク風のやきものを作っています。


by nagomi-zu