安曇野~帰路

すっかり、日にちが空いてしまいました。
さて、長野観光(?)、最後は安曇野です。

観光というよりは、Facebookでお友達になっている「芍薬堂」さんへ寄るのが最後のミッションです。
「芍薬堂」さんは、安曇野で漢方薬局をされているのです。
いままで何度か、通販でハーブティーや「魔女チャイ」をお取り寄せさせていただいていたのですが、
どれもおいしくて、経営されてる土屋さんともお話してみたいなーと思っていたのです。


f0370414_04430263.jpg

「ナビでちゃんと案内されないかもしれないので、迷いそうになったらすぐ連絡くださいねー」と言われてはいましたが、本当に森の中!
ずっと砂利道が続きます。
ところどころ、脇道に「芍薬堂はこちら」の看板が。


f0370414_04430203.jpg
看板を頼りに、無事迷わずにたどり着きました!
かわいいお店~!


f0370414_04430389.jpg
入口ですでにわくわくしました♪
魔女の箒がかけてあります。ぐふふ。
魔女の宅急便の、キキのお母さんのお店みたいだなー


f0370414_04430367.jpg
看板ねこ、というか、このあたりのみんなが可愛がってるというチャトラーノさん。
日中は芍薬堂さんで看板ねこのお仕事に来ている、ということなのかも(笑)

そして、店内の写真を撮り忘れる大失態…。
それはもう、素敵な空間でありました。


f0370414_04430462.jpg

記念に、芍薬堂さんの会員制度「魔女クラブ」に入会しましたらば、会員証代わりの「鍵」をいただきまして、なんとナンバーが「77」でした!
「持ってますね!」と褒められたーー!(笑)

そして、「器を見せていただくことってできますか?」と聞かれまして、車から段ボールを降ろして外でおもむろに開け、行商スタイルでお選びいただきました^^;
猫豆皿をいくつかお店で販売していただくことになりました♪

名残り惜しかったのですが、時間がぎりぎりになりまして、バタバタとお店を後にしました^^;


ここからはまた、新潟まで高速道をひたすら走ります。
この日、新潟では大雨警報が出ていたそうで、途中、スコールみたいな雨に当たりましたが、ほんの一瞬で雨を抜けまして、暗い道を緊張しながら走って、無事に時間までにフェリー乗り場に到着!

わたくし、なんとフェリーの出向時間を1時間遅くずれて記憶していたのですが、何をどうしたのか、ちゃんと指定の時間につくという奇跡^^;

汗だくの一日だったので、フェリーですぐにお風呂に入り、汗を流しながらの出航となりました。


f0370414_04430566.jpg
帰りの航路は、秋田で一度立ち寄りです。


f0370414_04430598.jpg

途中、どの辺にいるのか確認(笑)
男鹿半島ってやつですね。

f0370414_04430682.jpg
長旅ですることもないので、船内でのビンゴ大会に出てみたら、なんとマニアックすぎる「新日本海フェリーオリジナルポストカード(非売品)」があたりました^^;
まにあっくすぎる…(大事なことは二度言う)。
全部同じに見える…(笑)


f0370414_04430624.jpg

お昼は福井ソースかつ丼にしてみた。



f0370414_04430726.jpg

そういえば、行きの船でもカツを食べたんでした…( ̄▽ ̄;)


f0370414_01540280.jpg


f0370414_01540367.jpg
帰り道は津軽海峡を通過。
揺れるーー^^;


f0370414_01540335.jpg
こんなに長く船に乗っているのは初めてだったけど、意外に快適だし、結構暇つぶしできました^^;
とりあえず、行きも帰りもお風呂は3回入った(笑)
また船に乗ってどこか行きたいなーと思いました♪

今回の長旅で結構度胸がついたので、来年はほかにも気になっていたイベントに応募してみようかなーと思いました。
北海道を離れちゃったお友達にも会いたいし、いろんなところに行ってみたいなと思いました。

今回の八ヶ岳クラフト市、実は倍率が3倍だったようなのです。
そんな中で、初応募なのに選考していただけて、出かけるきっかけをいただけたのも、何かのご縁があるのでしょう。
後から調べたら、「みすず」という語句は万葉集にある句で「信濃」にかかる枕詞なんだそうです。
松本市には「美鈴湖」というのもあるらしい(笑)
これは、たぶん、ご縁があるに違いない(笑)

またいけたらいいなー♩



[PR]
by nagomi-zu | 2017-08-02 02:09 | いきぬき | Comments(0)

北海道の田舎町でアンティーク風のやきものを作っています。


by nagomi-zu