地元の粘土

ひょんな事から、


「地元の粘土を使った記念日を作って欲しい」


という依頼を受けまして。




色々打ち合わせをして、

「何とか出来そうな気がする」

と思ったので、お受けすることにしました(^^;



粘土は、以前掘らせてもらった事がある親戚にお願いしました。

ここの粘土を数年前に掘って焼いてみたら、ちゃんと焼けて使えたので。


もし、その時のお試しがなかったら、お断りしていました^^;

自作粘土って、あれこれ試さないとちゃんと使えるものなのか分からないそうなんです^^;


焼いたら溶けちゃったり、強度に問題があったり。



私はたまたま、掘った粘土が1発で上手く焼けてしまったので、そんなに大変な事とは知らなかったのですが…^^;




f0370414_23591870.jpg

最初堀に行ったのは、この藪の中(--;)

母が「ここだ」というので、掘ってみたのですが、

この10日程降り続いた雨で、すっかり沼地になってまして…


f0370414_00011579.jpg

掘っても、掘っても、水溜り(--;)



途方に暮れていたら、この土地の持ち主のおばさんが登場!



「そんな所掘らなくたって、こっちの方がいい粘土出るよ!」


と、違う場所を教えてくれまして( ´ ▽ ` )ノ



f0370414_00020283.jpg

この草むらの下~

水も溜まってない(TT)


f0370414_00023619.jpg

前に堀に来た人がいたそうで、

草の下を少し掘り進むと、粘土が出ました!

やったー!粘土ー!



以前掘った人は、この粘土でピザ窯を作ったそうです。


ピザ窯…気になる…(笑)



f0370414_00032973.jpg

こんな感じで、3袋分持ち帰りました、




f0370414_00041596.jpg

これを、

草の根やら小石やらを取り除いて、

乾燥させて、粉々にして、

篩にかけて、水で戻して、

寝かせて、練って、


で、やっと粘土になるのです。

たしか…(笑)


大丈夫、なんとかなるでしょう!!


とりあえず、雨がいちばん心配。

乾燥させるためにはおひさまにお出まし頂かないと…


早くこの天気が収まりますようにー!



[PR]
by nagomi-zu | 2018-07-07 23:33 | 製作のようす | Comments(0)

北海道の田舎町でアンティーク風のやきものを作っています。


by nagomi-zu